Course

子育てコミュニケーション心理学講座

子育て気質学 本講座

まずは乳幼児期・児童期まで 学びたい方

イライラ ママから卒業!

子育ての悩み解消

楽しく知る!

子供とのすれ違いの原因が分かると子育てがラクになります

  • 子育てコミュニケーション心理学 本講座の風景写真

子育ての悩み、不安、ストレスから解放されるだけでなく、大人になるまでに築くべき「安定したな心の土台」をしっかりと育む方法を学べます

Change

子育て気質学 本講座で変わること

You can learn

学べること

  • 12タイプの気質を理解する事で、子供の個性や兄弟姉妹の性格の違いを明確に把握し、それぞれに合わせた子育てができるようになります。

  • 子供の3つの成長段階(1乳幼児期、2児童期、3思春期)に合わせて、子供との関わり合い方を変えていかなければなりませんが、それぞれの段階で重要な事を学びます。

  • 大人になってからの心の土台となる自己肯定感をしっかりと育む方法や、子供の心を健全に育む上で重要なポイントを学ぶ事ができます。

子育て気質学 本講座

子育てを楽にする2ステップ●●

子供の気質タイプの全容を理解し、
接し方を理解する

そんな疑問を解消する為にも、
まずは、兄弟、姉妹全ての子供の性格気質を押さえましょう。

性格気質の7要素(全部で12タイプに分類されます。)

  • Iタイプ

    I子

    なんで?といつも理由を知り、納得しないと行動しづらい思考タイプ

  • Eタイプ

    E子

    なんとなく…という感じ方や印象が最も判断に影響する感覚タイプ

  • Lタイプ

    P子

    とりあえずやってみてから考えようとまずは動きたくなる行動タイプ

  • L型

    客観的に物を見る事が多い人で、一人で過ごす事を好む

  • R型

    主観的(自分の感覚や直感に頼る)に物を見る人で、他人との一体感や共感が大切

  • +型

    楽観的な物の見方を好み、白黒ハッキリする事を好む

  • -型

    慎重で、本音と建前を使って他人との衝突を避ける

※大人は、後天的に育まれる人格の影響も大きい為、IEPのバランスが取れている人もいますが、子供さんの場合は、いずれかのタイプに偏っています。

子供の気質が分かる事で、なぜそのような行動を取るのかが分かり、イライラする事が少なくなります。なるほど〜となる訳です。

矢印

大人になってからでは、なかなか変わらない人格の土台が築かれる 「乳幼児期」「児童期」の重要性と接し方のポイントを理解する。

*思春期以降は、子育てコミュニケーション心理士認定講座≫でお伝えしています。

一般的にある子育て講座は、幼児期のみや、思春期だけを取り上げるというように、子育ての一部分だけを切り取って考えてしまう傾向が見られます。

しかしながら、子育てや親子関係は、乳幼児期~思春期までの連続性の中で、どの時期に、どのようなコミュニケーションを取ってきたかが重要で、木を見て森を見ずという状況にならない為にも、まずは子供の発達の全体像を捉えた上で、今、何をすべきかを理解する事が大切です。

矢印

Curriculum

子育て気質学 本講座 カリキュラム

6時間 9万円(税別)

テキスト・気質診断アプリ・心理テスト

  1. 3つの気質の違いから生まれる好意と嫌悪親子で気質タイプが違うとどのに快不快が生まれるかを理解する
  2. 全12タイプの気質を理解する
  3. 親子間コミュニケーション分析あなたの子供とどう接すれば良いかを理解する
  4. 健康な心を築いていく上で欠かせない乳幼児期と児童期における接し方の重要ポイントを理解する

Column

子育ての悩み解消コラム

子育てコミュニケーション心理学

  • 子育ての
    悩みを解消
  • 「学ぶ」から
    「伝える」立場へ


PAGE TOP